自身に恋人がいなくて3年以上たった頃、周りが結婚したり新しい恋人ができたりして心なしか焦るようにはなってきました。年齢的にも合コンという年齢でもなかったので恋愛には消極的でしたが結婚はしたいと心から思っていました。出会いは突然、ひょんなことから訪れるものですね。友人の元アルバイト先の男友達をバーベキューへ3人連れてきました。

 

私はそこのアルバイト先では働いたことはなかったのでアウェイ状態ですが、快く受け入れてくれ盛り上がりました。その中の1人が主人です。最初は意識はしていませんでしたが、あったときに趣味が合うな、優しい人だなと感じされられた点は自惚れではありますが、目利きがよかったのかなと思いました。

 

そこがスタートですが付き合うまでは苦労しました…相手は私のことは一時のバーベキューにいた人なのですから…。好きとは感じなくても直感で繋がりたいとどこかで思っていたのでしょう。その後、自分から食事にさそうようになっていました。もちろん友人の応援もありましたが…(笑)

 

主人はデート慣れしてなかった人だったので頼りない感じがしましたが、自分が引っ張ればいい話だし、すべて完璧な人はいないのだから多少の妥協は必要だと思います。喋っていくうちに向こうも魅かれるようになったのか、向こうからお付き合いを申し出てくれました。その後…3年後の現在…はれて夫婦になったのは奇跡なのか運命なのかよく分かりません。これから婚活される方、少しの妥協・直観・大事にして無理はしないでくださいね。出会いは突然、一期一会なのですから。